質権

【民法第342条】
質権者は、その債権の担保として債務者又は第三者から受け取った物を占有し、かつ、その物について他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。

<質権とは>

質権とは、いわゆる質屋さんをイメージすると分かりやすいです。
例えば、AさんがBさんからお金を借りる際、Aさんのバッグを担保としてBさんに預けるというもの。もしAさんが期限までにお金を返さない場合、Bさんは預かったバッグを売って、その代金を弁済にあてることができます。