最高法規

【(97条)】
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

【(98条)】
この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

2項 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

【(99条)】
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

→97条では、憲法が保障する基本的人権というのは、最高法規であり侵すことのできない永久の権利として規定しています。

また、憲法を尊重し擁護する義務は、一般の国民には課せられていません(99条)。これは、そもそも憲法というのは国民の幸せを実現することを目的とし、強大な権力を持つ国家が国民に対し権利の濫用を防ぐために制定されたものだからです。