内閣総理大臣の権能

内閣総理大臣に認められている権能は以下の条文に明記されています。


【68条】
内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。

2項 内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

【72条】
内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。
→ここでは、内閣総理大臣の議案を提出する権利や指揮監督権について規定されています。

【74条】
法律及び政令には、すべて主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署することを必要とする。

【75条】
国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。
→国務大臣は在任中に限り内閣総理大臣の同意がなければ逮捕されたり訴えられたりしませんが(職務執行を優先としている)、職務を退いた後であれば訴追できることになります(但し書き)。

内閣の権能

内閣には、内閣総理大臣とは別に様々な権能を有していますが、主に73条に定められているものが代表としてあります。

【内閣の権能(73条)】
内閣は、他の一般行政事務の外、次の事務を行ふ。

法律を誠実に執行し、国務を総理すること。
外交関係を処理すること。
条約を締結すること。但し、事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。
法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。
予算を作成して国会に提出すること。
この憲法及び法律の規定を実施するために、政令を制定すること。但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、罰則を設けることができない。
大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。

※総理・・・全体をまとめて管理すること。
※時宜(じぎ)・・・状況。
※官吏(かんり)・・・国家公務員のこと。
※掌理(しょうり)・・・ある仕事を担当しとりまとめること。
※大赦(たいしゃ)・・・恩赦のひとつ。法令で定めた罪の執行をやめ許すこと。
※特赦(とくしゃ)・・・恩赦のひとつ。特定の者に対して有罪の効力を失わせること。


また、73条以外にも以下のような権能を有しています(以下に挙げている以外にもありますが、ここでは一部をのせています。)内閣には多くの権限が与えられている、ということが分かりますね。

【3条】
天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

【6条2項】
天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

【53条】
内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。(以下省略)

【66条3項】
内閣は、行政権の行使について、国会に対して連帯して責任を負ふ。

【79条1項】
最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官でこれを構成し、その長たる裁判官以外の裁判官は、内閣でこれを任命する。

【80条1項】
下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。(以下省略)

【87条】
予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。

内閣の組織

【内閣の組織(66条)】
内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。

2項 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。

【国務大臣の任免(68条)】
内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。

2項 内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

憲法66条にあるように、内閣は、内閣総理大臣とその他の国務大臣で構成されています。また、文民でなければならないと規定されていますが、この文民というのは「軍人ではない人」のことを指すと言われています。

国務大臣は内閣総理大臣が任命しますが、過半数を国会議員から選びさえすれば、(現実はさておき)その他は一般人でも良いことになります。

議院内閣制

【行政権(65条)】
行政権は、内閣に属する。

【連帯責任(66条3項)】
内閣は、行政権の行使について、国会に対して連帯して責任を負ふ。

議院内閣制とは、内閣は国会の支持によって存立しており、国会に対して責任を負う仕組みになっている制度のことをいいます。もともと国会は国民の意思で成立しているため、その国会から支持を受けた集まりである内閣に行政を任せることで、行政にも国民の意思を反映させている形になっています。