団体自治と住民自治

【(93条)】
地方公共団体には、法律の定めることろにより、その議事機関として議会を設置する。

2項 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

【(94条)】
地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する機能を有し、法律の範囲内で条令を制定することができる。

【(95条)】
一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

→93条から95条では、団体自治と住民自治について定められている規定です。地方自治においては直接民主制が採用されていますが、これは住民自治のあらわれでもあります。

また、94条は、地方公共団体に対し「法律の範囲内で条令を制定することができる」、という条令制定権を与えています。これにより、その地域独自の特性に沿った自治を行うことができることになります。

95条では、特定の地方公共団体に対して特別法を適用する場合は、必ず住民の同意を得なければならないとしています。

地方自治の基本原則

【(92条)】
地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。

→地方自治というのは、国の中で分けられているいくつもの地域の中で、それぞれ独自のルールを定め運営を行っています。日本国憲法では、この地方自治について「法律でこれを定める」、と明記しています。

また、「地方自治の本旨に基いて」とありますが、これは地方自治の趣旨として「団体自治」と「住民自治」という2つの要素を意味しています。この2つに基づいたものでなければ92条に違反することになります。

※団体自治…その地域の地方公共団体が、団体として独立して自らの責任のもと運営などを行うこと。

※住民自治…地方自治は、その地域の住民の意思によって行うこと。