憲法の改正

【(96条)】
この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

2項 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

→最高法規である憲法も、厳格な条件をもって改正することができます。96条では、各議院の総議員3分の2以上の賛成と、国民の過半数の賛成がその条件として規定されていますが、通常の法律と異なりより厳格になっていることを「硬性憲法」と言います。

そして、最終的に公布するのは、天皇です。天皇は、国民の名で直ちに公布することになります。