地上権

【民法第265条】
地上権者は、他人の土地において工作物又は竹木を所有するため、その土地を使用する権利を有する。

<地上権とは>
物権のひとつである地上権は、地主との間で地上権設定契約を結ぶことにより取得する権利です。また、他人からの譲渡や相続によっても取得することができます。

地上権の地代については、民法上支払いを必須とする条文はありません。なので、契約で支払いの取り決めをした場合に限り、有償となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA