永小作権

【民法第270条】
永小作人は、小作料を支払って他人の土地において耕作又は牧畜をする権利を有する。

<永小作権とは>
永小作権とは、民法第270条にあるとおり、小作料(使用料)を支払うことによって他人の土地で耕作や牧畜をすることができる権利をいいます。現在では、戦後の農地改革による買い取りの対象となったため、ほとんど利用されていないようです。

ちなみに、地上権の場合は、永小作権と異なり地代は発生しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA